前田慶次を描いた漫画「花の慶次」の誕生エピソード

花の慶次 -雲のかなたに-』は、前田慶次が主人公であり、

隆慶一郎氏の歴史小説『一夢庵風流記』を原作とした、

原哲夫氏が描いた漫画です。

花の慶次」の誕生エピソードがなかなか熱いです!

 

『花の慶次』誕生エピソード

平成元年当時、原作者の隆慶一郎氏は既に病に冒されており、

入院先の病院で原哲夫氏と熱く語り合って、

「前田慶次郎をぜひ漫画化してほしい」との要望を残して、

『花の慶次』読み切り版が掲載されたその年(1989年)にこの世を去りました。

 

原哲夫氏もこの原作者の熱意に感動した、というエピソードが、

コミック文庫版『花の慶次』のあとがきに収録されています。

 

「少年誌で時代劇漫画はヒットしない」というジンクスを覆した数少ない例です。

 

 

「慶次郎」から「慶次へ」

原作『一夢庵風流記』では「慶次郎」、ヒロインからは「慶郎」と呼ばれる主人公でしたが、

 

少年漫画化されるにあたって、他ならぬ原作者の隆慶一郎氏が

「『慶次』と呼ぶのがいいんじゃない?」と提案しました。

 

また、タイトルの発案および題字についても、隆慶一郎氏の手によるものです。

 

 

『花の慶次』関係の他の作品

『花の慶次』のスピンアウト作品『義風堂々』

「花の慶次」には慶次の莫逆の友である直江兼続

主人公のスピンアウト作品「義風堂々」があったり、

またパチンコ「CR花の慶次」もあったりして、面白いので是非読んでみてください!

「花の慶次」の詳細については、こちらの公式サイトを見てください!

かぶき者前田慶次を描いた漫画「花の慶次」

4月からNHKドラマかぶき者 慶次』が放送されていて、

先週最終回が放送されましたが、見られましたか?
NHKドラマ「かぶき者 慶次」について

このドラマは権力に迎合していく者を良しとする時代の中でも、年をとって、立場が変わっても、

信じる価値観のために戦った戦国一のかぶき者・前田慶次の晩年を描いた作品です。
ドラマの原作は脚本が小松江里子氏、原案が火坂雅志氏です。

脚本家の小松江里子さんと、小説家の火坂雅志さんとはNHK大河ドラマ「天地人」でのコンビです。
ドラマ「かぶき者 慶次」は、前半から後半に向けて徐々に面白くなる作品でしたね。

最終回はかぶき者の慶次らしい立ち振る舞いが見れて良かったです。
前田慶次の漫画『花の慶次』について
前田慶次と言えば、隆慶一郎さんの小説『一夢庵風流記』を原作とした、

原哲夫さんの漫画花の慶次』が有名ではないでしょうか。

漫画「花の慶次」

『花の慶次』は、戦国の時代を傾奇者(かぶき者)として生きた漢・前田慶次の

自由奔放な生きざまを描いた作品です。

 

『花の慶次』の初出は、1989年50号の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の読み切りでした。

その後1990年13号から連載を開始し、1993年33号まで連載しました。

 

『花の慶次』は隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作として、

少年誌ジャンプに配慮したアレンジをしています。

 

優しさと漢気にあふれた前田慶次自身とそれを取り巻く多彩な登場人物との人間ドラマを、

原哲夫さんが迫力ある描写で描いた漫画です。

 

主人公である前田慶次は、本名は前田慶次郎利益です。

戦国一の快男児で、身の丈は約197cm以上ある大柄な武士で、体重は90kgとされています。

出自は甲賀の忍で、身のこなしも軽かったそうです。

命を賭けた遊びを楽しみ、自由を愛した、天下一の傾奇者(かぶき者)です。
『花の慶次』にはスピンアウト作品やパチンコもあるよ

「花の慶次」には、

慶次の親友である直江兼続が主人公のスピンアウト作品「義風堂々」があったり、

パチンコ「CR花の慶次」もあったりして、面白いので是非読んでみてください。

「花の慶次」の詳細については、こちらの公式サイトを見てください!